忍者ブログ
Friendship~友情のきずな~は管理人の碧茶々が運営する企画ブログサイトです!
09<<    10  /  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31      >>11

[67]  [66]  [65]  [64]  [63]  [62]  [61]  [60]  [59]  [58]  [57]  

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 今回は久し振りに<君が好きじゃ、駄目ですか?(エリオル他)>を更新します。完結編5の第6話です。前回の続きです。*この話にオリキャラを含む為、苦手な方はお読みにならないで下さい。

拍手[0回]


<君が好きじゃ、駄目ですか?(エリオル他)第6話>

小狼「コイツ、一度だけ、普通になかったか?さくら!」

 小狼は美琴の事を不審に思って、言った。

桜「うん、確かにそうだね。でも、そんなに気にしなくても、良いんじゃないのかなぁ。」

小狼「そうか?」

美琴「そうだお。」

輝「お前が言うな!」

小狼(俺が言おうと思ったのに!)

桜「そんな事より、その鏡はどうするの?」

 桜は突然、話を戻して言った。

小狼「確かに、桜の言った通りだ。それをどうするんだ?」

 桜と小狼は輝を問う。

輝「壊す。」

桜「その方が良いよ!」

 小狼は桜の発言に頷く。

美琴「あのにぇ、その鏡、壊すにょを待ってよ?」

 美琴は桜の言った事を遮った。

輝「何で、お前はそんな事を言うんだよ?」

美琴「つばきちゃんがどうして、あきりゃの未来のお嫁さんにゃにょか、理由が気ににゃるじゃんさ!」

輝「!?」

美琴「それにさぁ、あたちとしてはねぇ、つばきちゃんはあきりゃには合わにゃいと思うんだけど・・・」

輝「うっ、確かに、そうだなぁ!理想が高いっていうか、住む世界がぜんぜ~ん、違うっていうか、なのに、何で、あの人は僕を構うんだろう?もっと、つり合いそうな人が居るはずなのに、どうして?」

桜「好きなのに、理由は関係無いと思うよ!後、お嬢様との禁断の恋って、ロマンチックだと思うよ。」

 桜は目を輝かせながら、言う。

輝「き、禁断の恋!?そんな、夢みたいな事があるもんか!うん、絶対に、ありえない!」

小狼「ありえないとは思えないな!なんて、羨ましい奴だ!」

 桜は小狼の発言に頷く。

輝「あんな空気の読めない女は嫌いだ!大体、大勢の前で、告白する様なの奴はありえない!」

小狼「確かに、あれは無いよな!」

 小狼は輝の意見に同意する。

桜「私も、そう思うよ!」

輝「2人共、解ってくれるのか!そうと決まれば、明日、ちゃんと、自分の思いを伝えて来るよ。」

 輝は決意を決めたのだ。

美琴「むう、何か、気が進まないよぉ!だって、みことがあきらのお嫁さんになろうと思ったのにぃ~!」

輝「猫のお嫁さんなんて、聞いた事が無い!物語じゃあるまいし。」

美琴「つうかさぁ、化け猫を甘く見るな!あたしは人間になれるんだから!」

輝「あれは化けてるっていうだよ!そういう嘘は止めてくれ!」

 2人は輝に同意する。

小狼「言い忘れたけど、柊沢の件はどうするんだ?」

輝「あっ、あ、あれはまた今度という事で!」

桜「でも、何で、今頃、思い出したんだろ?」

小狼「多分、あれは柊沢が仕組んだ事なんだろ?雨寺!」

桜「そうなの?」

輝「知るかよ!そんな事!」

桜「でも、エリオル君ならやりそうだよ!」

小狼「だろうな!アイツならやりかねない!」

 小狼は桜の意見に同意する。

輝「さっきの鏡に嫌な物が映ってた。」

桜「そうなんだ!一体、どんなのが映ってたの?」

小狼「俺もその事が気になる!一体、どんなのが映ってたんだ?」

輝「これから起こる事だと思う!あの4人が僕に嫌がらせをするんだ!」

小狼「誰と誰なんだ?」

輝「も、紅葉と強と柊沢・・・そして、大道寺さん!」

桜「えええぇ~!?知世ちゃんもなの?」

小狼「きっと、ろくでもない事をやらかそうとしてるんだよ!まぁ、そんなに気にする事じゃないんだから、安心しろ!」

 小狼は他人事の様に言う。後、小狼は山崎もやりかないのにと不信感を抱いていた。

小狼「あっ!」

桜「どうしたの?」

小狼「どうして、山崎はそのメンバーに含まれていないんだろう?」

桜「確かに、そうだよね!何で、なのかなぁ?後、奈緒子ちゃんも!」

小狼「謎だ!で、あの人も!」

 小狼は腕組みをしながら、考えている。

輝「あの人って、椿さんの事じゃないだろなぁ?」

小狼「そう!椿さんの事だ!」

輝「あの人に何か、される覚えは無いけどな!どうして、そう思うんだ?」

小狼「いや、あの人は何となく、大道寺に似てる気がするから、そんな気がしたんだ!」

輝「あの人は無い!絶対に!」

小狼「本当に?」

輝「本当にそう言い切れる!で、自分で何とかしろと言うんだろ?あの4人を!」

小狼「い、いや、俺はそこまでは言ってないよ!俺達が何とかするから!」

桜「う、うん!そうだよ!」

美琴「じゃあ、あたちも!」

輝「お前はいい!信用出来ないから!」

美琴「ええぇ~!?酷い!あきりゃの意地悪!」

輝「お菓子のつまみ食いするしな!」

美琴「そんな事しないもん!あきりゃもつまみ食いするくせに!」

輝「何のつまみ食いだよ?」

美琴「人のつまみ食い!」

輝「そんな事するか!それはお前だろ?」

美琴「違うもん!人の姿に化けて、町に出かけた時、男共にはあたしゃモテたさ!それに比べて、歳の割には若い菖蒲(あやめ)は子供にしか見られなかったのを妬んでんにょ?」

輝「べ、別に、そんな事で妬んどるか!」

(コイツ、人の心を弄びやがって!)

四葉学院の連中は皆、人の事をさんざんコケにしがって~!お前らもそう思ってるんだろ?」

 輝は桜と小狼に言った。

桜「思ってないよ!」

小狼(全ての人間が思ってるわけないだろ!)

桜「ミィちゃんはカッコいい男の人だったら、誰でも良いんだ!そういうとこケロちゃんにそっくりだよ!」

美琴「うん!勿論、カッコいい男の人は好きだよ!でも、一番はあたちの主である菖蒲だお!だって、菖蒲はあたちの事、裏切らないもん!」

 美琴は輝に言うと、輝は困った顔をした。

美琴「勿論、あきりゃも、あたちの事を簡単に捨てたりしにゃいもんにぇ!」

輝「そ、それはあの黒い猫に襲われるのが心配で・・・」

黒猫「ん!?呼んだ?俺はこんなチンチクリンな奴よりさぁ、マシだけど!」

美琴「出たなぁ!馬鹿黒猫!でも、呼んでないよ~だ!何時、喋れる様になったにょよ?」

琥太郎「そんなのどうでも良いじゃん!因みに、馬鹿黒猫じゃなくって、俺には琥太郎(こたろう)っていう名前があんだけど!」

美琴「にゃんだって、コウタロウ!?」

輝「こうたろうっていうのか!」

琥太郎「コタロウだ!」

桜「ややこしいから、コウちゃんで良いんじゃないの?」

琥太郎「コウちゃん!?何がコウちゃんだ?小娘のくせに、生意気な事を抜け抜けと言いおって!」

小狼「!?(怒)」

 小狼は黒猫の琥太郎の首根っこを掴み、ポイッと放り投げた。桜の事を悪く言うが為に、気に入らなかった様だ。

琥太郎「小僧ぉ!黒猫のくせにぃ~、生意気言うなって顔だなぁ!俺は気に入らねぇなぁ!まぁ、良いや~!また、来るからなぁ!美琴ちゃん!」

美琴「もう、来んでええわ!茶太郎!2度と来るなボケがぁ!ツン!」

琥太郎「ちゃ、茶太郎!?いや、茶色くないし、俺は黒猫の琥太郎様だぜぃ~!バイバ~イ!ミーたん!」

 琥太郎は去って行った。

美琴「つうか、ミーたんって、言うじゃねえよぉ!もう~!コタロウ!ベーだ!」

 桜は美琴を見て、困った顔していた。

桜「もう、ミィちゃんったら、そんな言葉使っちゃ駄目でしょ!ミィちゃんは女の子なんだから!」

 桜は美琴を咎める。

輝「こうたろうっていう変な黒猫、もう、家に来ない様に対策考えなきゃな!あっ、そうだ!今度来たら、バケツ一杯の水を用意しとかないとな!」

美琴「そんにゃの時間の無駄だよぉ!あきりゃ!あんにゃ奴、魔法で水浸しにすれば良いじゃん!」

輝「魔法でやりたくない!美琴が自分でやれば?」

美琴「ミィが自分でやればでしゅって!?人に化けるにょだって、普段より結構体力、要りゅんだよぉ?」

輝「直ぐに、人に頼るな!売られた喧嘩は自分で後始末しろよな?美琴!」

美琴「ミィたん、めんどくさいもん!あっ、それより、また、眼鏡の変な人来たらどうすりゅにょ?」

 輝は美琴にいきなり言われ、困った顔をした。

輝「えっ!?な、何!?ア、アイツの事か!また、来たら、取り敢えず殴ろうか!後、死ぬ程の嫌がらせをしようかなぁ?」

 輝はエリオルへの仕返しの自信が無い様だ。

 輝の発言に桜と小狼は困った顔をしながら聞いていた。

輝「う~ん、でも、アイツのせいで停学処分になるのは嫌だなぁ!だからといって、アイツに性的暴行を加えれるのは嫌だなぁ!」

桜・小狼「性的暴行!?」

小狼(柊沢なら、やりかねないかもしれないな!)

桜「エリオル君がそんな事するはず無いよ!変な妄想もいいとこだよ?雨寺君!あははは!エリオル君はそんな子じゃないよね!」

小狼「さぁ、どうだろうなぁ?アイツの考えてる事は俺は判らないし、もし、そんな事をやらかしても、俺は知らないぞ!アイツのせいだからな!」

桜「もう、小狼君ったら、何でそんな酷い事言うの?小狼君はエリオル君の事、心配じゃないの?」

小狼「べ、別にそんな事は無いけど、でも、一度位、痛い目に遭わないと解らない奴だからな!」

輝「やっぱり、僕もそう思った!でも、やられる前に一発焼き入れてやろうか?」

桜「もう、2人共、いい加減にしてよね!冗談でそんな事言わないでよ!」

小狼・輝「すみませんでした!他に何か止める方法は有るのか?」

桜「はう、そんな事、その時になってみないと判らないもん!」

小狼「言うと思った!」

輝「駄目だ!こりゃぁ!あっ、それより、美琴の奴が居ない!」

桜・小狼「何だって!?」

輝「美琴は放っておいても大丈夫だけど、それよりさぁ、アンタ等は何時まで居るつもりなんだ?」

桜「あっ、すっかり忘れてたよ!お兄ちゃんとお父さんの分の夕食作らなきゃいけないんだった!」

小狼「もう遅いから俺が送るよ!」

桜「有り難う!小狼君!雨寺君、また、遊びに来るからね!」

小狼「じゃあな!雨寺!何か有ったら、呼んでくれよ?」

輝「ああ、うん!」

 2人は帰って行った。

輝「鏡の事はすっかり忘れてた!まぁ良いか!」

7へ

次は多分最終話です。
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Font-Color
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

secret
プロフィール
HN:
碧 茶々(みどり ちゃちゃ)
年齢:
32
性別:
女性
誕生日:
1986/01/06
職業:
フリーター
趣味:
Jopの音楽を聴く事と読書
自己紹介:
このブログのプロフィールは「Chocolateparfait」と同じです。上記は「Chocolateparfait」のURLです。

pixivでは淀川秋桜(よどがわコスモス)で活躍してます。後、詩の作者で御影美琴又はMikotoもあたしです。
カレンダー
Since.2011.06.05.
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カウンター
キリ番NEXT:1515/2000/2525
キリ番の報告は出来れば、して下さると嬉しいです。By碧 茶々
リンクについて
この企画ブログサイトのリンクはフリーです。報告はしなくても、結構です。テキストでもOKです。バナーが必要な方は下のをお持ち帰り下さいませ。By碧茶々
Friendship~友情のきずな~バナー Friendship~友情のきずな~モココバナー Friendship~友情のきずな~バナー2 Friendship~友情のきずな~バナー3
バナーは下の物が新しいです。
最新CM
[08/21 こかげ]
[09/02 こかげ]
[03/18 ホゲ]
[06/23 佐倉由]
フリーエリア
Pocky時計NEW
Pocky公式サイトからお借りしました。
最新TB
キリ番小説memo
キリ番小説のタイトルを載せています。
500HITフリー小説月に願いを(ケロ知世)
忍者アナライズ

Copyright (C) Friendship~友情のきずな~ All Rights Reserved. | Powered by NinjaBlog | Template by 紫翠

忍者ブログ | [PR]