忍者ブログ
Friendship~友情のきずな~は管理人の碧茶々が運営する企画ブログサイトです!
09<<    10  /  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31      >>11

[50]  [49]  [48]  [47]  [46]  [45]  [44]  [43]  [42]  [41]  [40]  

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 今回は<君が好きじゃ、駄目ですか?(エリオル他)第3話>を公開します。前回の続きです。今回は完結編2です。*この話にオリキャラを含むと若干、BLを含むので、苦手な方はお読みにならないで下さい。
 

拍手[0回]


<君が好きじゃ、駄目ですか?(エリオル他)第3話>

エリオル「私を怒らせておいて、ただで帰れると思うな!」

輝「そんな事、知るか!そっちが元凶のくせに何言ってるんだ!」

桜「2人共、喧嘩は駄目だよ!」

 2人の前に桜が立っていた。

輝「き、木之本さん!?」

エリオル「さくらさん!?どうして、ここに居るんですか?っていう事はまさか、李君も、そこに居るんですか?」

小狼「!?」

(な、何で解ったんだ?)

 隠れている小狼は驚いた顔をしていた。

桜「居るよ!小狼がね、エリオル君の事、呆れたって言ってたよ!私ね、正直、エリオル君が子供みたいな喧嘩するなんて、信じられないよ!さくらはエリオル君に浮気相手が居たなんて観月先生に言っても、良いのかなぁ?」

エリオル「はい?あの人は歌帆に出会う前に会った初恋の人ですよ!何の勘違いをしてるんですか?」

桜「そうなの?でも、さっき、エリオル君は雨寺君の事を好きだって言ったよ!嘘吐いたら、駄目だよ!」

エリオル「こ、これは大人の事情ですからね!さくらさんが知らなくても良い話ですよ!」

輝「ストーカーのくせに、よく言うなぁ!」

 輝は呆れた顔でエリオルに言った。

エリオル「貴方は少し黙ってて下さい!」

桜「(エリオルの話を聞いていない。)えっ!?ストーカーなの?」

小狼「な、何!?ス、ストーカー?そんな事、やってたのか?アイツ!」

 隠れていたはずの小狼はいつの間にか、そこに居たのだ。

桜「知世ちゃんみたいな事、やったの?」

輝「知世ちゃん?ああ、大道寺さんの事か!でも、ビデオカメラは持って追っかけては来なかったな!」

桜「何で?」

輝「戦国時代にビデオカメラなんて、有るわけないだろ!確か、ラブレター何通か、しつこく、送ってきたのを覚えてる!」

小狼「何て、手紙に書いてあったんだ?」

輝「い、言いたくない!」

(思い出すだけで嫌になる!)

桜「小狼君!無理に聞かなくて良いよ!」

小狼「そうか!柊沢は本当にとんでもない奴だなぁ!」

桜「ホントだよね!小狼君!」

 桜は小狼に同意する。

桜「エリオル君!2度と、こんな事しちゃぁ、やだよ!」

エリオル「ええ、もう、やらないつもりですよ!さくらさん!」

(個人的には、面白いですがね!)

桜「良かった!私、エリオルの事、信じて良いんだよね?」

エリオル「勿論ですよ!さくらさん!仲直りしましょう?輝君!」

輝「もう、やらないって誓うなら、許してやらなくはないけど?」

小狼(俺はコイツを信用出来ないな!)

エリオル「そうですか!そのお詫びとはなんですが、何か、して欲しい事は有りますか?」

輝「な、何も、して欲しくない!」

エリオル「いや、有るでしょう?先程の2人の事で困ってるんでしょう?」

輝「な、/////な、/////な、/////何、言ってるんだ?お前は!」

 輝はエリオルに言われた事に動揺する。

エリオル「2人の事が選べなくて、困ってるっていう事でしょう?」

輝「わ、/////解ってるんなら、聞くなよ!」

エリオル「僕的には、どちらも、止めた方が良いと思いますよ!まぁ、決めるのは、貴方ですけどね!」

輝「ま、/////まぁ、それはそうだな!」

 輝は他人事の様に言う。

 桜と小狼は呆れた顔で2人を観ていた。

小狼「2人は本当は仲が良いんだな!」

 小狼は呆れた顔で輝とエリオルに言った。

桜「うん!そ、そうだね!」

 桜は苦笑いを浮かべながら、小狼に同意する。

エリオル「今日は家に行っても、良いですか?」

輝「ぜ、絶対にダメだ!」

エリオル「いや、別に、僕は長居をするつもりはありませんよ!」

輝「あっ、そう!」

エリオル「雨寺家の蔵に用があるんですよ!」

輝「く、蔵!?まさか、うちの物を盗むつもりじゃないだろうなぁ?」

エリオル「違いますよ!輝君!雨寺家に預けた鏡を返して貰いに行くですよ!」

桜・小狼「かがみ!?」

輝「何?か、鏡!?そんなのうちの蔵にあったっけ?僕は聞いた事ないぞ!」

(僕の祖母にも、聞いた事ないのに!)

小狼「まさか、危険なの物じゃないだろうなぁ?柊沢!」

エリオル「まぁ、使い方を間違わなければ、危険なの物ではないですよ!李君!」

桜「でも、それって、悪い人の手に渡ったら、大変って事でしょ?エリオル君!」

エリオル「はい!だから、返して貰いに行こうと思ったんですよ!」

小狼(どうして、コイツは大事な物を持って帰るのを忘れたんだろう?)

エリオル「この事は絶対に、歌帆には言わないで下さいね!こんな事が知れたら、僕の身が危ないですからね!」

桜「解ったよ!観月先生には黙っとくよ!」

エリオル「有り難うございます!さくらさん!」

小狼「だったら、今から行こう!」

エリオル「そうですね!」

輝(こんなお客は初めてだ!)

 桜達は輝の家に向かった。

4へ
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Font-Color
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

secret
   この記事へのトラックバック

  この記事にトラックバックする:

プロフィール
HN:
碧 茶々(みどり ちゃちゃ)
年齢:
32
性別:
女性
誕生日:
1986/01/06
職業:
フリーター
趣味:
Jopの音楽を聴く事と読書
自己紹介:
このブログのプロフィールは「Chocolateparfait」と同じです。上記は「Chocolateparfait」のURLです。

pixivでは淀川秋桜(よどがわコスモス)で活躍してます。後、詩の作者で御影美琴又はMikotoもあたしです。
カレンダー
Since.2011.06.05.
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カウンター
キリ番NEXT:1515/2000/2525
キリ番の報告は出来れば、して下さると嬉しいです。By碧 茶々
リンクについて
この企画ブログサイトのリンクはフリーです。報告はしなくても、結構です。テキストでもOKです。バナーが必要な方は下のをお持ち帰り下さいませ。By碧茶々
Friendship~友情のきずな~バナー Friendship~友情のきずな~モココバナー Friendship~友情のきずな~バナー2 Friendship~友情のきずな~バナー3
バナーは下の物が新しいです。
最新CM
[08/21 こかげ]
[09/02 こかげ]
[03/18 ホゲ]
[06/23 佐倉由]
フリーエリア
Pocky時計NEW
Pocky公式サイトからお借りしました。
最新TB
キリ番小説memo
キリ番小説のタイトルを載せています。
500HITフリー小説月に願いを(ケロ知世)
忍者アナライズ

Copyright (C) Friendship~友情のきずな~ All Rights Reserved. | Powered by NinjaBlog | Template by 紫翠

忍者ブログ | [PR]