忍者ブログ
Friendship~友情のきずな~は管理人の碧茶々が運営する企画ブログサイトです!
10<<    11  /  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30      >>12

[25]  [24]  [23]  [22]  [21]  [20]  [19]  [18]  [17]  [16]  [15]  

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 ついに夏物衣料売り場に向かう事になった2人ですが、知世と真が同じ売り場に行く事になっているなんて、まさか、思っていないでしょう?小狼と山崎の運命やいかに?

本編の前に登場人物紹介をします!

<第4話登場人物>

本城 茉莉(もとき まつり)・・・真の双子の姉。知世に忘れられているらしい?真の事、大好き。所謂、ブラコン。

 観たい方は続きを引き続きお楽しみ下さいませ!

拍手[0回]


<「山崎からの誕生日プレゼント」第4話>

山崎「すみません!注文、お願いします!」

ウェイトレス「はい!御注文がお決まりでしたら、御注文をどうぞ!」

山崎「クリームソーダのメロンが2つと木イチゴのレアチーズケーキ!後、チョコレートケーキをお願いします!」

ウェイトレス「お飲み物は御一緒でしょうか?それとも、食後で宜しいでしょうか?」

山崎「ケーキと一緒に持ってきて下さい!」

ウェイトレス「かしこまりました!では、御注文を繰りかえさせて頂きます!クリームソーダのメロンがお2つ,木イチゴのレアチーズケーキがお1つ,後、チョコレートケーキがお1つですね?御注文は以上で宜しいでしょうか?」

山崎「はい!」

ウェイトレス「御注文がございましたら、お申しつけ下さいませ!では、ごゆっくりどうぞ!」

 ウェイトレスは注文を伺い終わると、そのまま、去って行った。

 その頃、知世と真はというと、こちらも、話をしていた。

知世「真君は何て、美味しいそうにお召し上がりなるのでしょうか?私、超絶、幸せ過ぎますわ!観ているだけでもう、私は満足ですわ!ああ、どうしましょう?」

真「じーと、観られると、恥ずかしいんだけど、/////しかも、何撮ってんだ?俺を撮って面白いのか?」

知世「ええ、とても、私は楽しゅうございますわよ!」

真「ああ、そう!そんなの撮ってどうするつもりなんだ?」

知世「いえ、特に理由はございませんのよ?真君!」

真(何、企んでるんだ?知世ちゃんは?)

「そ、そうか!なら良いけどさ!それより、俺、ともよちゃんに聞きたい事があるんだけどさ、聞いて良いか?」

知世「はい、私に聞きたい事とは一体、何でしょうか?」

真「本当は肝試しのミーティングだけで来たんじゃないんだろ?なぁ、ともよちゃん!ここに来た本当の目的を教えてくれよ?」

知世「あら、まあ、バレてしまいましたわね!何でおわかりましたの?」

真「幼馴染の勘って、奴かなぁ?」

知世「そうなんですの?ではお話しましょう!私達がここに来たもう一つの目的は・・・」

真「ここに来たもう一つの目的は何なんだよ?勿体付けずに説明してくれ!」

知世「あら、まだ、お気づきになりませんの?李君達が先程、申されてた事ですわよ!」

真「夏物衣料が何たらって奴?」

知世「はい、そうですわよ!」

真「そこでお前が欲しい物が有るから、手伝えって事だろう!」

知世「いいえ、私ではなく、真君ですわよ!」

真「俺?俺はそんな所で、買う物はねえぞ!」

知世「いえ、私が真君に買いたい物がありますのよ!」

真「いいよ、そんなの!」

知世「そんな、遠慮なさらなくても、結構ですわよ!」

真「だ・か・ら、いいって、言ってるのに!」

知世「悪い様には、しませんわよ?真君!おほほほほ!」

 知世は不気味な笑みを浮かべながら、真に言ったのだ。

真「ま、マジで、こ、怖いんだけど、・・・」

 真は知世の顔を怖がっていた。

少女「うちのまこちゃんの事、苛めないでくれる?」

 少女は知世を咎めた。

知世「あの貴方は何方ですの?初めまして、私は大道寺知世ですわ!」

少女「私はまこちゃんの姉の茉莉(まつり)よ!」

真「おいおい、同じ年なのに、姉とか、関係ないだろう?茉莉!」

知世「茉莉さんは真君の双子のお姉様なんですね?」

茉莉「ええ、そうよ!」

真「それより、何でこんなとこに居んだよ?」

知世「確かに真君の仰る通りですわね!どうして、こちらにいらっしゃいますの?茉莉さん!」

茉莉「まこちゃんの事が心配になって、ついて来たのよ!しかも、初めましてじゃないわよ!」

知世「あのう、何所かで、茉莉さんにお会いしましたでしょうか?」

真「同じ保育園だったじゃないか!」

知世「あら?そうでしたの!私は最近、物忘れが激しい物で覚えがありませんのよ!」

 知世は業とらしく言ったのだ。

茉莉「知世ちゃんたら、酷いわ~!でも、知世ちゃんには真、いや、まこちゃんはぜ~ったいに渡さなんだから!私の物なんだからね!」

真「この変態茉莉が~!」

 知世達の話を聞いていた小狼が、

小狼(本城の姉貴って、さくらの兄貴みたいな奴だなぁ!)と思っていた。

山崎「どうしたんだい?李君!浮かない顔して!」

小狼「べ、別に何でもない!」

(さくらの兄貴の幻影を見るとか、俺はきっと、疲れてるんだなぁ!)

知世「本当、茉莉さんは真君の事が御好きなんですね!他に好きな方は居られませんの?」

茉莉「う、うん!居るに居るんだけど、相手は彼女持ち出しさ、手ぇ出しちゃぁ、拙い人かなぁ?」

知世「彼女がいらっしゃるんですか?その方は私の御存じの方ですか?」

茉莉「あ、まぁ、そうかな?」

真「茉莉が誰を好きだろうが、どうでも良いだろ?」

知世「私は気になりますわね!何なら、私が茉莉さんの好きな方を当ててみましょうか?ええっと、そうですわね、・・・柊沢君ではないでしょうか?カッコいいですし!」

茉莉「柊沢君?ああ、確かにカッコいいかもだけど、何かさぁ、女癖が悪そうな気がするんだけど、私の気のせいかな?」

知世「そ、そうですか?」

(あっ、そういえば、昔、私は柊沢君の事を好きだった気がしますわ!今となってはどうでも良い事ですわね!)

真「いや、確かにそんな気がするなぁ!何でも、出来るから調子乗ってる気も、」

 小狼は真の言い分に頷く。

山崎「柊沢君が調子乗ってる?僕もそんな気が、・・・でも、そんな所を省いたら、良い人なんだけどね!」

小狼「だからこそ、俺は気に入らないんだ!アイツが!」

山崎「で、今思い出したんけどね、李君!クラスの女子がね、・・・」

小狼「山崎!クラスの女子がどうしたんだ?一体?」

山崎「クラスの女子がね、後期の委員長は柊沢君が良いって言ってたんだよ!」

小狼「何だって~!?それは大変な事じゃないか!」

山崎「ああ、どうしよう~!李君!もう、絶望的だよ!」

小狼「落ちつけよ!山崎!それはまだ、決まった事じゃないんだから!」

山崎「そうだよね!でも、李君だったら、まだ良いよ!」

 小狼は飲んでいたジュースで思わず、咳き込んでしまった。

小狼「い、いきなり、何を言い出すんだ!お前は!お、俺は委員長なんて、絶対にやらないぞ!」

山崎「言うと思ったよ!後期の選挙、楽しみだね?李君!あっ、そういえば、李君、一度、やってみたい委員ってあるかい?」

小狼「一度、やってみたい委員?あるぞ!」

山崎「何だい、それは?」

小狼「図書委員だなぁ~!」

山崎「図書委員?良いんじゃないかなと僕は思うよ!」

小狼「そうか!山崎は解ってくれると思ってたぞ!」

山崎「当然じゃないか!僕は李君の友達だからに決まってるじゃないか!あははは!」

小狼「だよな!あははは!」

知世「本当に御2人は仲宜しくて良いですわね!おほほほほ!」

真「俺は茉莉という変な姉さえ、居なければ良いのになぁ!はあああ~!嫌で、嫌で、虫唾が走る!もう、嫌だ~!一人っ子に生まれれば良かった!」

知世「今さら、そんな事、仰ってもしょうがないですわよ!一人っ子というのは寂しいものですのよ?真君!きっと、山崎君だってそうですわね?」

真「悪戯したくなるのは寂しいからか?」

知世「え、ええ!そうですわよ!」

真「ああ、今、認めたな?この事、李に伝えて来ようっと!言ったら、どうなるかなぁ?多分、怒るだろうな?」

知世「止めて下さいな?真君!それは幾らなんでも、酷いですわ!私、李君に告げ口なさったら、真君の事を許しませんわよ?」

真「俺は許さなくても、良いよ!どうぞ、御勝手に!俺はどうなっても知らないから!」

茉莉「いや、今の事、李君に聞こえてるし、た、多分だけど!」

真「あっそ!良いじゃねぇ?」

茉莉「良くないってば!ねえ?ちょっと、どこ行くのよ?まこちゃん!」

真「帰る!何か、気分が悪くなったわ!それに、まこちゃんって言うな!」

 それを聞いていた小狼は怒っていたのだ。

小狼「何なんだよ?アイツらは~!俺の誕生日を汚しやって~!許さないぞ!」

山崎「まあ、まあ!抑えて、抑えて!もうほっときなよ?」

小狼「そうはいくか?もう許せないんだから!お前が止めても、俺は行くよ!」

山崎「いや、止めときなよ?李君!周りのお客様に迷惑だよ!ねえ?ちょっと、どこ行くんだい?李君!」

小狼「本城の奴を殴りに行ってくる!止めても無駄だからな?山崎!」

山崎「ああ、勝手にしなよ?僕は知らないよ!李君!でも、元と言えば、大道寺さんが悪いだけど、李君は解っているのかなぁ?ああ、可愛そうに!本城君!」

 小狼は山崎の話など聞かず、真の所へ向かった。

小狼「本城!大道寺の代わりに殴らせろ?」

真「あ、ああ、どうぞ!」

 真は覚悟を決めた。

知世「あああ、私の為に真君は!」

茉莉「あのおバカ!最低!」

小狼(コイツは馬鹿か?)

「やっぱ辞めた!行くぞ!山崎!」

知世「這ったりも良いところですわよ?李君!とっとやっておしまいなさいよ?李君!」

小狼「元はいえば、お前のせいだろうが?大道寺!周りの人間を巻き込むな!その前にここに何しに来たんだ?お前は!」

知世「確か、真君に浴衣を買いに来たんでしたわね!真君の浴衣のサイズが判らないので一緒に来て頂いたんですのよ!」

小狼「浴衣?そういえば、何か、俺もそんな物を買いに来た様な?」

知世「あら?そうでしたの?偶然ですわね!李君!」

山崎「浴衣じゃないよ!李君!甚平だよ!李君は浴衣が似合うもんね!」

小狼「そ、/////そんな事はない!山崎、お前の方が似合うだろうが?」

 何時の間にか、山崎がそこに居たのだ。

山崎「あはは!も、/////もう、何を言ってるんだい?李君!そ、/////そんな事ないよ?ぼ、/////僕は李君の方が似合うと思うけどね!あははは!」

真「浴衣?ゆ、/////浴衣なんて、誰が着るか!ぜ、/////絶対に着るもんか!」

茉莉「浴衣かぁ!良いじゃない?何は言ってるのよ?まこちゃん!絶対に似合うよ!」

知世「ええ!茉莉さんの仰る通りですわよ?真君!お認めになられたらどうですか?それに御2人もそうですよ?皆さん、絶対にお似合いですわよ?」

小狼「お前はどうなんだ?大道寺!」

山崎「李君の言う通りだよ!君はこそ、どうなんだい?大道寺さん!」

知世「わ、私の事などはどうでも良いのではありませんの?」

真「と、/////ともよちゃんはや、/////大和撫子と言われる位、び、/////美人なんだから、とっても、とっても、お似合いだよ!」

山崎「うん、そうだよ!僕の千春ちゃんよりも、大道寺さんの方が美人って、評判だよ!」

小狼「三原よりも、大道寺が美人?いや、それ言ったら、三原に怒られるぞ?山崎!実はな、山崎!大道寺はな、表面美人で裏はな、・・・」

山崎「大道寺さんの裏は何だって?僕は知りたいよ?李君!」

小狼「それは聞かない方が良いぞ?山崎!」

山崎「僕は気になるけどなぁ!大道寺さんの裏!」

知世「私の裏がどうかなさいましたの?李君!」

小狼「いや、別に聞かなかった事にしてくれ!」

知世「聞こえなかった事にしますわ!李君!」

茉莉「知世ちゃんは表面美人で裏は変態で腹黒?それとも、腹黒?さぁ、どっち?」

真「答えはどちらも違う!本当の答えは素直に慣れない可愛い女の子!とっと、帰れ!茉莉!」

茉莉「嘘だ!まつりの方が可愛いもん!正解は変態で腹黒でした!帰らないから!」

知世「変態で腹黒?って誰の事ですの?茉莉さん!とっと、御帰りになったら、どうですか?茉莉さん!御帰りはこちらですわよ?茉莉さん!こんな方、放っておいて、皆さん、参りますわよ?」

 知世は心無しか、茉莉に対しては酷い言い様である。

一同「あっ、はい!」

 知世,小狼,山崎,真の4人はお勘定を済ませると、レストランを後にしたのである。そこに取り残された茉莉は懲りずに4人の後を追ったのだ。

つづく
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Font-Color
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

secret
   この記事へのトラックバック

  この記事にトラックバックする:

プロフィール
HN:
碧 茶々(みどり ちゃちゃ)
年齢:
33
性別:
女性
誕生日:
1986/01/06
職業:
フリーター
趣味:
Jopの音楽を聴く事と読書
自己紹介:
このブログのプロフィールは「Chocolateparfait」と同じです。上記は「Chocolateparfait」のURLです。

pixivでは淀川秋桜(よどがわコスモス)で活躍してます。後、詩の作者で御影美琴又はMikotoもあたしです。
カレンダー
Since.2011.06.05.
10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カウンター
キリ番NEXT:1515/2000/2525
キリ番の報告は出来れば、して下さると嬉しいです。By碧 茶々
リンクについて
この企画ブログサイトのリンクはフリーです。報告はしなくても、結構です。テキストでもOKです。バナーが必要な方は下のをお持ち帰り下さいませ。By碧茶々
Friendship~友情のきずな~バナー Friendship~友情のきずな~モココバナー Friendship~友情のきずな~バナー2 Friendship~友情のきずな~バナー3
バナーは下の物が新しいです。
最新CM
[08/21 こかげ]
[09/02 こかげ]
[03/18 ホゲ]
[06/23 佐倉由]
フリーエリア
Pocky時計NEW
Pocky公式サイトからお借りしました。
最新TB
キリ番小説memo
キリ番小説のタイトルを載せています。
500HITフリー小説月に願いを(ケロ知世)
忍者アナライズ

Copyright (C) Friendship~友情のきずな~ All Rights Reserved. | Powered by NinjaBlog | Template by 紫翠

忍者ブログ | [PR]